フェイシャルエステは妊娠中に受けられるものと受けられないものがある?

ゆっこの美容blog

美容・健康・脱毛サロンなどについてご紹介します。

TOP PAGE >フェイシャルエステは妊娠中に受けられるものと受けられないものがある?

□フェイシャルエステは妊娠中に受けられるものと受けられないものがある?

いつまでも綺麗な肌でいるために、スペシャルケアのつもりでフェイシャルエステに通っている方は多いでしょう。

こんな方の中にはエステ期間中に妊娠して、「今後のエステはどうなるのだろう?」と慌てた経験をしたことのある方もいるのではないでしょうか。

いや、「妊娠中に悪影響の可能性のあるエステはお腹周辺で、顔は関係ないから大丈夫。」と呑気に考えている方もいるかも知れません。

でも、フェイシャルエステには妊娠中に受けられるものと受けられないものとがあるので、十分に注意が必要です。

まず、妊娠中に受けられないエステは主に機械を使用するものです。

フラッシュやレーザーなどの光を使用した脱毛エステ、美肌に有効な成分を肌に浸透させやすくするイオン導入、脂肪細胞を壊したり肌をリフトアップしたりする超音波マッサージなどがあります。

□妊娠中でも受けられるエステは?

妊娠中でも受けられるエステには、シェービングやハンドマッサージ、トリートメントなどがあります。

ただ、妊娠中は施術で使用する化粧品の刺激に敏感になり、肌がヒリヒリしたり痒くなったりすることがあります。

こんな時には早めにスタッフに相談して、出来るのであれば刺激を抑えた化粧品にしてもらうのが良いでしょう。

もちろん、こちらでご紹介したエステでも、サロンによっても妊娠中の体調によっても受けられるかどうかが変わってきます。

なので、近々妊娠を希望している方であれば、妊娠した時にエステを受けられるか、休会制度やチケットの有効期限の延長などがあるかを事前に確認しておくとベストです。

そして、コースを契約してから妊娠が分かった場合には、サロンや産婦人科で確認してみましょう。

また、最近ではマタニティーエステのコースを用意しているサロンが増えています。

妊婦さんを対象としたエステであれば利用するだけで妊娠中であることをスタッフに分かってもらえますし、赤ちゃんに悪影響がほとんどないことや妊婦さんに負担になる姿勢や化粧品を避けることなどの配慮がある点でも安心です。

妊娠中にエステを受けたい方は複数のサロンを比較して、効果だけでなく安全性の上でも納得の出来る形でコースを契約しましょう。



Copyright (C) 2014 ゆっこの美容blog All Rights Reserved.
top